いちき串木野市予防接種情報提供サービス

予防接種を受けることができない人

下記に当てはまる人は予防接種を受けることができない人です。
①明らかに発熱している人(一般的に、医療機関等で測定した体温が37.5℃を超える場合をさします)。

②重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな人(急性で重症な病気で薬を飲む必要があるような人は、その後の病気の変化もわかりませんので、その日は接種を受けないのが原則です。

③その日に受ける予防接種によって、または予防接種に含まれる成分で、アナフィラキシー※をおこしたことが明らかな人。
※通常接種後約30分以内におこる重いアレルギー反応のことです。汗がたくさん出る、顔が急に腫れる、全身にひどいじんましんが出るほか、はきけ、嘔吐(おうと)、声が出にくい、息が苦しいなどの症状に続きショック状態になるようなはげしい全身反応のことです。

④BCG接種においては、外傷などによるケロイドが認められる人、結核の既往のある人。

⑤BCG、麻しん風しん混合(MR)、おたふくかぜなどを含む生ワクチンの接種においては、明らかに免疫機能に異常のある疾患を有する人及び免疫抑制をきたす治療を受けている人。

以上の場合に当てはまらなくても医師が接種不適当と判断したときは、予防接種を受けることはできません。

≪戻る