いちき串木野市予防接種情報提供サービス

予防接種を受けるに際し、医師とよく相談しなくては ならない人

以下に当てはまる人は接種前に医師とよく相談をして接種するかどうか判断してください。
①心臓病、腎臓病、肝臓病、血液の病気や発育障害などで治療を受けている人。

②前に予防接種を受けたときに、2日以内に発熱、発しん、じんましんなどアレルギーと思われる異常がみられた人。

③今までにけいれん(ひきつけ)をおこしたことがある人。(けいれんがおこった年齢、そのとき熱があったか、その後おこっているか、受けるワクチンの種類はなにかなどで条件が異なります。必ずかかりつけ医と事前によく相談しましょう。

④過去に免疫不全の診断がなされた人および近親者に先天性免疫不全症の者がいる人。

⑤ワクチンには製造過程における培養に使う卵の成分、抗菌薬、安定剤などが入っているものもありますので、これらにアレルギーがあるといわれたことのある人。

⑥BCGの接種においては、家族に結核患者がいて長期に接触があった場合など、過去に結核に感染している疑いのある人。

≪戻る